あろうことかアルペジオにも誰も居ない時間を見計らったように、早朝や夕方の時間帯をついて飛来し、カラマツの外壁に大きな穴を空けられてしまった。
 すぐに穴を塞がないと、そこに小動物や虫が入り込むことが考えられるので、梯子をかけて穴の修復作業を何度も繰り返すスタッフ。

 有効な対策をいろいろ調べると、

 ①CDや反射するカードなどをぶら下げる
 ②フクロウの置物を設置する
 ③テグス(ナイロン糸)を張る
 ④鳥が嫌がる臭いの薬剤などを散布する
 ⑤ネットを設置する

といった5つの対策が考えられた。

 まず反射物をぶら下げる方法は、都会のカラス・鳩対策で効果が持続しないことが実証済みだ。最近では電動で首が動くフクロウの置物もあるようだが、こちらも持続効果が薄い。天敵の臭いや薬剤の散布は、近隣への配慮から実現性が乏しい。
 いよいよ残る対策はテグスかネットを張ることぐらいしか選択肢はなくなった。

 インターネットで調べ、いろいろな方々に聞いてみると、キツツキは垂直な壁でも脚で木を掴むように摺り足のように移動することが分かった。
 それをヒントにテグスネットを外壁に貼ってみたところ、効果があったので採用することにしたが、期間が経過するとネットを張っていない箇所に穴を空けられ、それを修復してネットを張る範囲を増やすというイタチごっこが暫くの間続いた。そもそも先に居た森の住民はキツツキの方である。自然とうまく付き合い、楽しむことが必要なことはわかるが、ビジネスが絡むとそう簡単には割り切れない。

 昨年暮れ、売れてしまった分譲展示場に代わるアルペジオ2の建築用地を南原地区で買った。
 軽井沢建築社は本気だ。

2019/09/30(月) 23:52 清水康弘より PERMALINK COM(0)
いつもお世話になりましてありがとうございます。
デザオ建設の廣田です。

10月に入り、いよいよ秋を感じる良い季節になってきました。
「デザオ北野スクエア」近くの北野天満宮で毎年10月に執り行われる「北野天満宮 ずいき祭」は、京都の代表的な秋まつりとして知られています。

村上天皇の御代(天慶9年:西暦946年~康保4年:西暦967年)にはじまったと伝えられ、菅原道真公が太宰府で彫られた木像を随行の西ノ京の神人(じにん)が持ち帰りお祀りし、秋の収穫時に野菜や穀物をお供えしたのが始まりとされています。

今年は1日(火)~5日(金)に開催されます。
お越しの節は、私共の「つなぐモデルハウス 『とこしえ』にも
是非ともお立ち寄り下さい。
(※2日(水)は定休となっています。)

どうぞ京都の秋を堪能ください!!
2019/09/30(月) 20:11 廣田大輔より PERMALINK COM(0)
まだ暑さが残るものの、朝夕はすっかり秋めいてきましたね。

 さて、「東京家づくり工務店の会」の新たな取組み、TO-IZ・Rカウンター(優良な中古住宅売買)が、専門家紹介サイト「SUVACO」と連携してセミナーを開催することになりました。
 9月28日(土)に「TO-IZ Rカウンター消費者向け連携セミナー」を開催いたします。

 「東京の中古戸建て住宅に住む ~失敗しないためのポイントをプロから学ぼう!~」

 中古の戸建て住宅で、自分らしい理想の暮らしを手に入れるポイントを学ぶセミナーです。
 失敗のない大満足なマイホーム選びをお助けします!

 なお、東京都既存住宅流通促進事業者として登録された、「東京家づくりの会中古住宅相談窓口グループ」が直接解説します。
 皆様のご参加お申込みを心よりお待ちしております。

 詳細内容・お申し込みは特設ページをご覧ください。
2019/09/17(火) 00:40 清水康弘より PERMALINK COM(0)
いつもお世話になりましてありがとうございます。
デザオ建設の廣田です。

14日に休みをいただき、叡山電鉄「八瀬比叡山口駅」で14日、15日の二日間にわたって開催された「FANTASTIC MARKET in えいでん八瀬比叡山口」に妻と行ってきました。

マルシェ(19店舗の出店)とワークショップ、また、車両を利用した店舗や休憩スペースなど、駅ナカでのマルシェもなかなか面白かったです。

八瀬は京都市内と比べて、秋の訪れを少し感じられ、夫婦でリフレッシュできました。

マルシェで息子へのお土産に「カヌレ」を、自分たちの酒(サケ)の肴に鮭(サケ)の燻製を買って帰りました。
 
次回の休みの晩酌が楽しみです!!

2019/09/16(月) 19:34 廣田大輔より PERMALINK COM(0)
一昨日朝方に関東を直撃した台風15号は甚大な被害をもたらしました。
 特に千葉方面では未だに停電が続いています。

 まずは早期の復旧と被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。

 さて、昨日10日は約7年ぶりにリニューアルしたekreaキッチンショールーム及びパーツショールームの完成お披露目会が行われました。

 メディアの方など約100名の方々にご来場いただき、大盛況のうちにお披露目会を終えることができました。

 誠にありがとうございました。

2019/09/10(火) 22:02 清水康弘より PERMALINK COM(0)
分譲展示場「アルペジオ」は、東京のお客様が買って下さった。
 1年数ヶ月の期間、軽井沢進出の拠点となり、地元の不動産会社や一般のお客様に見て頂き、絶大な評価を得たことで新たな拠点展開としての自信が持てるようになった。

 そもそも目指していたことは、建築のデザインと温熱環境の融合だったが、道半ばとは言え、順調に垂直登攀しているように思う。進出して3年経過しないうちに完成実績も5棟になり、現在設計中の案件が4棟、さらに弊社の考え方に共感して下さったお客様も増えつつある。

 特に昨年師走にお引渡しをさせていただいた千ヶ滝の平屋別荘の建て主さんを紹介して下さったのは、大手の設計事務所で重職に就く弊社のOBのお客様だった。いつも弊社を応援してくださり、スタッフ一同心から感謝している。

 さて、ここまで順調に事業が立ち上がっているように思えるが、現地に赴任しているスタッフにしてみれば、都会では体験できない苦労があるものだ。
 それは「或る飛来物」との終わりなき格闘だ。よく言えば「森の大工」とも呼ばれるその飛来物は、樹木や時には建築物の木製の軒天や外壁に穴を空ける。
 一度狙われると対策を講じてもかなりしつこく飛来を繰り返し、狙った場所にカンカンカンと森中に響き渡る音を立てながら尖ったくちばしで穴を空けるその飛来物の正体とはキツツキである。(つづく)

2019/09/09(月) 20:02 清水康弘より PERMALINK COM(0)